子役オーディション必勝法

【パクってOK】子役オーディションの志望動機の書き方|NGワードも公開!

子役オーディション志望動機

子役オーディションに応募しようとすると、記入項目の中に必ずあるのが【志望動機】。

志望動機って子供目線で書けばいいの?
なかなか良い文章が思いつかない
印象に残る志望動機ってどんな書き方?

いざ、志望動機を書いてみようと思っても、どう書けばいいのかわからなくて困ってしまいますよね。

文才がないのでいい志望動機が思いつきません。。。
我が子を子役にしたいママ

 

この記事では、初めて子役オーディションに応募する方に向けて志望動機の書き方をわかりやすくアドバイスしています。

パクってOKな志望動機の書き方例も公開していますので、どうぞ最後までご覧ください。

 

子役オーディションの志望動機とは?

子役オーディション志望動機

子役オーディションでの志望動機とは、【どうしてこのオーディションに応募したのかを伝える項目】です。

審査員は、この志望動機を確認することで、子役になることへの意欲やどんな考えを持っているのかなどを見極めています。

  • どんな思いでこのオーディションに参加したのか
  • 目指している憧れの子役タレントはいるのか
  • どんなお仕事に興味を持っているのか

オーディションに参加して、どんな風になりたいのかなど具体的な話をすることで、審査員の印象にも残りやすくなります。

 

ココに注意

志望動機の欄に、自己PRを書いてしまう人がとても多いです。

自己PRとは、

  • 私はこんな人です
  • こんな夢があります
  • こんな経験をしてきました

など、自分について詳しくアピールする項目です。

 

簡単に言うと、

事務所に入りたい理由・・・志望動機

自分のアピールをする・・・自己PR

だと思ってください。

子役ねっと運営スタッフ
ごちゃ混ぜになっている人が多いので気を付けましょう!

 

自己PRの書き方はこちら

子役オーディション自己PR
【例文あり】子役オーディション自己PRの書き方と3つの注意点を公開!

子役オーディションに参加しようと応募してみると、必ずと言っていいほど【自己PR】を記入する項目がありますよね。 自己PRってどうやって書けばいいの? 子供自身で考えるべき?親が考えるべき? 他の子と差 ...

続きを見る

 

志望動機の書き方ポイント3選

子役オーディション志望動機

志望動機を書く際は、次の3つのポイントを意識して書いてみましょう。

 

子役ねっと運営スタッフ
知らない人と差をつけられるところなので、しっかりチェックしてみてくださいね!

 

  1. 簡潔にわかりやすく書く
  2. オーディションで聞かれたいことを書く
  3. 丸写しはNG!

それぞれ詳しく解説していきます。

 

簡潔にわかりやすく書こう!

子役オーディション志望動機

記入する際にまず意識して欲しいのが、【とにかく簡潔に思いを伝える】ということ。

これが、一番重要なポイントと言ってもいいくらいです。

審査員は送られてくるたくさんの応募書類に目を通します。

 

そんな中で、

  • 長ったらしい文章がずらずら書かれている
  • 枠いっぱいに文字が詰まっている
  • めちゃくちゃな日本語で理解しづらい

このような文章が送られてくるとどう思うでしょうか?

 

この2つの文章を比較してみましょう。

例1

子役オーディション志望動機の書き方例

例2

子役オーディション志望動機の書き方例

 

【例1】については、パっと目を向けたときに、ある程度内容が頭に入ってくる書き方ですね。

 

それに比べて【例2】はどうでしょうか。

思いの強さだけは伝わりますが、パッと見て内容まで理解することは難しいですね。

 

審査員も人間です。

ぎっしり詰まった文章は、読むのが嫌になりうんざりしていまいます

それだけで印象が悪くなることも・・・!

 

子役ねっと運営スタッフ
このような書き方をする人は多いので意識して注意しましょう!

 

志望動機をわかりやすく書く3つのポイント

見やすくて読みやすい志望動機の例として、

  • 一文は短めに
  • 改行を入れて読みやすく
  • わかりやすい言葉で簡潔に

この3つを意識して文章を考えてみましょう!

意識するだけで、仕上がりは変わってきますよ!

 

オーディションで聞かれたいことを書こう!

子役オーディション志望動機

志望動機には、【オーディションで聞かれたいこと】を書くようにしましょう。

 

審査員はオーディションの際、送った応募書類を見ながら質問することが多いです。

  • ぜひとも審査員の方に知ってもらいたいこと
  • この話なら掘り下げられてもいくらでも話せること
  • 他の子と差別化できること

こんなことを書いてあげれると強いですね。

 

ココに注意

逆に、志望動機にいろいろ書いてあるのに、 実際に質問してみたらエピソードもなく答えられないということになるとがっかりされてしまうことも。

 

子役ねっと運営スタッフ
書類と実物でギャップが出ないように、質問されることも想定して記入してみましょう!

 

丸写しはやめよう!

子役オーディション志望動機

ネットや本を見ていると、志望動機の書き方例が載っていることもあります。

しかし、その文章をまるまるそのまま写すのはNGです。

 

審査員はこれまでに、数え切れないほどの面接をしています。

実際に面接をしていると、「この志望動機と同じ内容よく見るな、丸写しだな」とわかってしまうものです。

場合によっては、隣の人とまったく同じ志望動機になってしまうこともあるかもしれません。

それはさすがに気まずいです。
我が子を子役にしたいママ

 

そういう人に限って、志望動機の内容について質問しても、深く答えられないことがほとんど。

オーディションに対する姿勢が見え透いてしまい、印象は決してよくありません。

参考にするのは全く問題ありませんが、丸写しをするのはやめておきましょう

 

パクってOK!受かる志望動機の内容

子役オーディション志望動機

ここで言う、パクってOKというのは、【丸写し推奨】という意味ではありません

要素をパクって、自分なりの志望動機にして考えてみるヒントになるようにご紹介しています。

 

3歳以上のキッズオーディションと、0歳〜2歳の赤ちゃんオーディションでは、志望動機の書き方の基本的な部分が違ってきます。

それぞれの年齢に合わせた志望動機の書き方例をいくつかご紹介していきます。

 

キッズオーディションの志望動機の書き方例

子役オーディション志望動機

3歳以上のキッズオーディションの場合は、【親御さんの意思】ではなく【本人の意思】をしっかりと織り交ぜてあげることが大切です。

子役としてのお仕事は、子供の意思だけでも、親御さんの気持ちだけでも成立しません。

子役活動をやってみたいという本人の意思がベースにあり、親御さんがそれをサポートしたいという構図が一番理想的です。

 

子供が芦田愛菜ちゃんに憧れていて、女優さんになりたいと言うようになりました。

いつもドラマのセリフを真似して練習している姿を見て、親としてやりたいことをさせてあげたいという気持ちで、応募することにしました。

天才てれびくんが大好きで、「どうしたらてれび戦士になれるの?」とよく聞くようになりました。

私も調べてみたところ、こちらの事務所からてれび戦士に選ばれた子が多いと知りました。

子供の夢を応援したいので、これからサポートしていきたいと思っています。

ダンスを習っていて、人前で踊ったり歌ったりするのがとても好きです。

もっと伸ばしてあげたいと思うようになり、子役プロダクションへの所属を考えました。

得意なダンスを伸ばしながら、人前で表現する楽しさをたくさん経験できるように応援したいです。

 

  • 子供に夢や目標がある
  • その思いを親として支えながら応援していきたい
  • そのためならしっかりとサポートします

このような内容は、審査員の目から見ても印象はいいです。

 

お子さんも親御さんも、この内容についてオーディションで質問されても、同じテンションで答えられるというのがとても大事なので、リアルな気持ちを伝えるように心がけましょう。

 

そのほかに、以下のような内容も印象がいいです。

  1. この事務所に入りたい理由
  2. オーディションに合格したらこんなことをやってみたい
  3. 実際に、子役活動に向けてやっていること

志望動機の文字数もありますので、決して全てを書かないといけないわけではありません

子役ねっと運営スタッフ
書き方例を参考に、お子さんの状況に合わせた内容を考えてみてください。

こちらでは、印象がよくなる志望動機の例をいくつか紹介しますので参考にしてみてください。

 

この事務所に入りたい理由

たくさん子役プロダクションがある中で、どうしてそのプロダクションを選んだのかを伝えるのは大事なことです。

プロダクションの方針や考えに共感して、好意的に取り組んでくれるというのは、プロダクションにとってもとても心強いことです。

 

レッスン環境が充実しているところが魅力でこちらのプロダクションを選びました。

未経験ですが、プロの講師の方に指導してもらえる環境はとても重要だと感じます。

その中で子役に必要なスキルや、今後の人生で役立つ経験ができたらと思います。

娘が同じ事務所の○○ちゃんに憧れています。

「○○ちゃんが出演していた番組(××)に出演したい」という本人の希望があり、××の実績が高いこちらの事務所を選びました。

 

オーディションに合格したらこんなことをやってみたい

オーディションを受けて、合格した後のビジョンまで考えている子というのは、それだけ目を惹きます。

子役のお仕事は、プロダクションに入ることがゴールではありません。

さらにその向こうに目標がある子の方がよく伸びるというのも事実です。

 

朝ドラのヒロインの少女時代を演じてみたいと思っています。

そのために、このオーディションに合格したら、演技レッスンで泣く演技を身につけて、どんな状況でも泣くことができる子役を目指しています。

最初は小さい仕事でも、いつか有名になれるように前向きに頑張りたいです。

小さい頃から、仮面ライダーが大好きで、全て録画して見ているほどです。

最近同世代の子役さんが、番組に出演しているのを見て、「仮面ライダーに出たい」と強い気持ちが芽生えたようです。

演技レッスンも頑張ると言っていますので、私も母親としてサポートして夢を叶えてあげたいと思っています。

 

実際に子役活動に向けてやっていること

子役活動に役立つ習い事やスキルを持っている子の場合は、そのアピールができると差別化できます。

持っていると強いアピールポイントになるので、特技がある方は書いてみましょう!

赤ちゃんの時から英語を習っており、インターナショナルスクールに通っています。

テレビ番組では、【えいごであそぼ】が大好きで、いつか出演したいという夢があります。

バイリンガルになれるよう日々勉強していますので、そのようなお仕事があればやってみたいです。

歌がとても大好きで、毎日大きな声で歌を歌っています。

母の私から聞いても、しっかりと音程が取れており、同年代の中では歌も上手い方だと思います。

歌うことで表現できるような環境の中で育ててあげれたらいいなと思って応募しました。

 

 

赤ちゃんオーディションの志望動機の書き方例

子役オーディション志望動機

0歳〜2歳の赤ちゃんオーディションの志望動機を記入する際は、【親が志望動機を考える】ことになります。

赤ちゃんモデルの活動は、赤ちゃんの意思ではなく親御さんの意思によるものなので、どんな親御さんなのかはとてもよく見られています。

志望動機も、気持ちが伝わるようにしっかりと記入するようにしましょう。

 

赤ちゃんオーディションの志望動機として望ましい内容

お子さんのサポートをしながら、前向きに活動したいというポジティブな思いが伝わると印象がいいです。

  • 赤ちゃんモデルの仕事を通じて、子供と一緒に成長したい
  • 子供のサポートをしっかりとしながら、ベビーモデルとして活動したい
  • 赤ちゃんのうちにしかできない経験をしてみたい
  • 子供とはひとつひとつの出来事を大事にしたいので、ベビーモデルになって一生の思い出を作りたい
  • お遊び感覚ではなく、お仕事としてしっかりと活動していきたい

 

赤ちゃんモデルのお仕事の現場では、親御さんの協力がとても重要になります。

子役ねっと運営スタッフ
親御さんが軽いミーハーな気持ちで現場に来るのは困るのでその辺りは見極められています。

 

志望動機で書いてはいけないNGワード

子役オーディション志望動機

子役オーディションに志望動機では、書かない方がいいNGワードというものがあります。

こちらでは、3つを厳選してご紹介しますので、これだけは書かないように注意してください!

 

  1. 好きな芸能人に会いたい
  2. ギャラで稼いで一攫千金を狙いたい
  3. 我が子を子役にして周りに自慢したい

 

好きな芸能人に会いたい

子役オーディション志望動機

「子供と好きな○○が共演してほしい」

「撮影現場で、○○くんに会いたい」

このような内容はNGです。

ミーハーな人と思われてしまい、撮影現場で失礼なことをするのではないか?と警戒されることもあります。

撮影に同行する親御さんの素質はしっかりと見られますので、このような内容は書かないようにしてくださいね。

 

ギャラで稼いで一攫千金を狙いたい

子役オーディション志望動機

「人気子役になれば、年収1億狙えるかも」

「朝ドラ子役もワンチャンあるかも」

子供を子役にしてギャラで稼ごうとする意思が見えるのもNGです。

強欲な人だと思われてしまいます

もちろん、子役としてお仕事すれば、ギャラをもらうこともできますが、それを目的に子供の意思と関係なく親が応募するという構図は望ましくありません。

 

我が子を子役にして周りに自慢したい

子役オーディション志望動機

「子供が子役になってテレビに出たら自慢できるから」

「子役で有名人と共演して羨ましがられたい」

 

このような内容もあまり良くありません。

このような内容は、お子さんの意思というよりは、親御さんの自己顕示欲を満たすことが目的になってしまっています。

 

ココに注意

NGな書き方に共通しているのは、【子供を使って自分の欲を満たす】内容になっていることです。

親御さん本位の内容にならないように気を付けてくださいね!

 

本音を言えば、このような気持ちは少しはあるかもしれません。

人間なので誰でもそういう気持ち、少しはありますよね。

ですが、あえて志望動機に堂々と書くことは控えましょう

 

まとめ

子役

子役オーディションで記入する志望動機とは、【なぜそのオーディションに応募したのか】理由を書くところです。

自己PRとごちゃまぜにならないように気を付けましょう。

 

書き方のポイントとしては、

  1. 簡潔にわかりやすく
  2. オーディションで聞かれたい内容を書く
  3. 見本を丸写しするのはNG

この3つをしっかり押さえて書くようにしましょう。

 

志望動機で理想的な内容としては、

子供が子役として活動したい意思があり、サポートしたい

という構図は鉄板です。

 

その上で、

  • この事務所に入りたい理由
  • オーディションに合格した後のビジョン
  • 実際に子役活動に向けてやっていること

などアピールできると印象に残りやすくなります。

 

赤ちゃんオーディションの場合は、お子さんの意思を書くことはできないので、親御さんの前向きな意思を簡潔に書くようにしましょう!

 

  • 芸能人に撮影現場で会いたい
  • ギャラで稼いで一攫千金を狙いたい
  • 子供を子役にして周りに自慢したい

と言った親御さん本位の志望動機はNGです。

 

以上のポイントを押さえた上で、記事内の例文も参考にしながら、志望動機を考えてみましょう!

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

子役ねっと運営スタッフ

子役ねっとを管理している運営スタッフです。 【最新の子役オーディション情報】【子役になるための秘訣】【オーディション対策】などについて詳しくご紹介しています。

よんでほしい記事

子役オーディション対策 1

子役オーディションを受けてみたいなと思っても、 「やっぱり顔が美形でないとダメなの?」 「オーディションの面接ではどんな質問をされるの?」 「子役オーディションにはどんな服装で行けば良いの?」などとい ...

いないいないばあっオーディション 2

Eテレの赤ちゃん向け番組『いないいないばあっ!』 赤ちゃんが生まれて初めて見る番組が『いないいないばあっ!』という子も多いですよね。   「いないいないばあっ!のコーナーに我が子を出演させて ...

子役オーディション自己PR 3

子役オーディションに参加しようと応募してみると、必ずと言っていいほど【自己PR】を記入する項目がありますよね。 自己PRってどうやって書けばいいの? 子供自身で考えるべき?親が考えるべき? 他の子と差 ...

-子役オーディション必勝法
-

© 2021 子役オーディション情報サイト|子役ねっと